読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの掛け持ち副業と副収入ブログ!本業より稼げるアイデア紹介

サラリーマンでも副業の掛け持ちをしながら本業よりも稼いでます。1000万越えをさせるためのアイデアやネタを紹介します。

残業代証拠レコーダーと社員監視アプリが築く未来に絶望しない?

副業トレンドニュース

飲み会という名の仕事。交流会という名の会議、時間外労働がこんなにあるなんて、社会人になるまでそうそうは気づかない。

 

結果主義と言いながら、結果の出ない仕事をさせて怒鳴り散らす、そういう恐ろしい会社は決してなくなりません。

 

成功するためには時間外動労をすべきだ!と考えている人はいまだに多く、それゆえにサービス残業はどうしてもなくなりません。

 

ただ、そんな閉塞した状況に、光を当てたのが残業代証拠レコーダーというもの。

 

直接ではなくても間接的な仕事はいくらでもありますよね?

 

f:id:nihongo1000:20160528132043j:plain

GPSで所在地を把握、労働時間を計測して裁判に使える証拠として残すために開発されたアプリです。

 

手書きのメモも使えるので、写メをとったり、上司の発言や仕事内容をメモしておけばいざ裁判になったとき、労働基準監督署に相談するときに役に立ちそうだ!ということでネットで大盛り上がり。

 

一方で「スマホ持ち込み禁止の会社には使えない」「ロッカーに忘れたらどうするのか?」

 

「証拠があっても認めてくれない」「警告には使えずクビを覚悟で使うしかない」などの否定的な意見も出ています。

 

確かに確実な残業の証拠があっても、社風によっては「それを言い出す方がおかしい」と思われると思います。

 

ただ、こういうのが登場するくらい労働環境は悪化、閉塞化しているのではないでしょうか?

f:id:nihongo1000:20160528133525j:plain

 

 

企業も社員監視アプリを作って社員を縛る

残業代証拠レコーダが広まれば当然会社も対策をとるでしょう。営業中にさぼったりしないように、外回りで着実に成果を上げられるようにアプリを開発して社員の動きを監視。

 

少しでも気を抜くと会社の監視センターから連絡が来るという、逆監視のシステムも作れてしまう現実を意味しています。

 

ある意味資金力のある企業の方が社員を管理するためにこのようなアプリを悪用するかもしれません。

f:id:nihongo1000:20110322131310j:plain

 

 

自律的な行動ができない社会に絶望しない?

このような社会において最も欠けているのは自律的、主体的な行動です。会社も社員を信じられず、社員も会社なんか信じていない。

 

そのような中で自律的な行動などできるわけもないのです。

 

私はそう感じたから、自分だけでやりがいのある仕事、自発的に何時間でも働ける仕事はないか?と思い。ネットを使ったビジネスにたどり着きました。

 

この世界は結果がそのまま自分に跳ね返ってきます。誰に支配されるでもない完全な自由な世界。

 

だからこそ自分との勝負になってしまうのですが、このような相互監視社会の中に身を置くよりもよほど楽しいですし、そして頑張りようによってはサラリーマンの平均所得の数倍も稼げてしまうと思います。

 

残業代を巡って争っても、結局数万のお金と多大な精神疲労があなたに残るだけです。それよりも、自分だけで稼ぐ力をつけておく。

 

それがものすごく重要なのだと改めて思わされたニュースでした!!